農地で太陽光発電

 

【ソーラーシェアリングとは】
農地に諸々の支障を出さず農作物を育てながら太陽光を発電する農電併業のことを指します。この発電設備を「営農型発電設備」と言います。

 

【設置方法】
まず、農地に支柱を立てその上に太陽光パネルを設置するのですが、この時に農作物が太陽光パネルに遮られて光合成が出来なくならないように隙間を空けて設置をしていきます。

 

【メリット】
農作物を育てる際に作物の日焼けや枯れを抑えながら良質な土を育てることができ、且つ、太陽光で発電をしながら電力を売ることができるので安定した収入が得られやすくなるということです。

 

家庭菜園でも該当するので広い農地を所有している一般家庭でも取り組むことができます。(作物の販売を目的としなくてもできる)

 

直近の事例としては南相馬市にて復興支援プロジェクトとして取り組み始めているが、
既に全国各地で参入する企業が増加しています。

 


 

≫最安値の太陽光発電【無料の一括見積もりサービス】 はこちら

 

関連ページ

畜舎屋根や倉庫で太陽光発電
グリーン投資減税で注目度がアップしている太陽光発電。興味があるけど、どこに頼んだらいいのか分からない。そんな太陽光発電でお悩みの方に。無料一括見積もりで複数の信頼できる会社から無料で見積もりを集めることでアナタにあった太陽光発電を見つけることができます。畜舎屋根や倉庫での太陽光発電も注目されています。
アパート・マンション太陽光発電
グリーン投資減税で注目度がアップしている太陽光発電。そして、アパート・マンションで太陽光発電が今、ブームになっています。興味があるけど、どこに頼んだらいいのか分からない。そんな太陽光発電でお悩みの方に。無料一括見積もりで複数の信頼できる会社から無料で見積もりを集めることでアナタにあった太陽光発電を見つけることができます。
グリーン投資減税概要と対象者
グリーン投資減税で注目度がアップしている太陽光発電。グリーン投資減税の概要と対象者のご説明をいたします。そして、無料の一括見積もりサービスを利用すれば、複数の信頼できる会社から無料で見積もりを集めることで、アナタにあった太陽光発電を見つけることができます。